即日対応可能!ゴミ屋敷片付け・汚部屋清掃・不用品回収 お片付け24時では東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に対応可能!
不用品回収 即日
トップ > お片付け24時コラム > 実家がゴミ屋敷化した時の弊害は?親の説得ってどうやってするべき?
2023.3.20

実家がゴミ屋敷化した時の弊害は?親の説得ってどうやってするべき?

親がゴミ屋敷になった場合、ほとんどの人が「まさか、うちの親が?」とびっくりするでしょう。しかし、近年高齢化した親が実家をゴミ屋敷にしてしまうケースは増加傾向にあります。親も好きで家をゴミ屋敷にしているわけではないため、家族間での確執も増えてしまいがちです。

今回は、ゴミ屋敷が親に及ぼす危険性や説得する際のポイントを紹介いたします。ゴミ屋敷の解決は、ゴミ屋敷解決の経験が豊富なお片付け24時がオススメです!

ゴミ屋敷になった時に考えられる弊害

実家がゴミ屋敷になった際、さまざまな弊害が出てきます。具体的にどのようなことが大変なのでしょうか?

片付けが大変

物やゴミを部屋に放置するとあっという間にゴミ屋敷になります。汚すのは簡単でも、ゴミ屋敷を片付けるのはかなり大変です。分別が一切されていないゴミをひたすら種類別にゴミ袋に入れ、部屋の掃除なども行わなければなりません。

ゴミ屋敷レベルになると、1、2日で解決できないことがほとんどです。親が高齢なら自力で片付けるのは不可能でしょう。人手と時間が必要になるので、大型連休を利用して一気に片付ける人もいます。

親とのトラブルが多くなる

親が実家をゴミ屋敷にしてしまった場合、ケンカが増えて親子関係が悪くなってしまうケースも少なくありません。片付けられないことで親を責め、いつ片付けるつもりなのか?全部要らない物なのではないのか?など心無い言葉をかけてしまうことが増えてしまうのです。

親も1人の人間です。責めるのではなく、ゴミ屋敷になってしまった原因を探り、一緒に解決していくために歩み寄ることが大切になります。

ゴミ屋敷が親に及ぼす危険

家がゴミ屋敷になると、そこに住む親にも危険が及びやすくなります。では、具体的にどんな危険が及んでしまうのでしょうか?

火災

ゴミ屋敷は、非常に火災が起きやすい状態です。燃える物が多くホコリも積もっているため、ちょっとしたことでボヤが起きてしまいます。コンセントにホコリが積もっている場合やネズミがコードを噛んでショートするなども考えられるでしょう。

あっという間に延焼するため、最悪の場合隣近所にまで被害が及んでしまうかもしれません。逃げ遅れれば命に関わります。

怪我や事故

足の踏み場もないほどゴミや不用品が溢れかえっている場合、転倒するリスクが高くなります。若い頃と比べると格段に足腰が弱り転びやすくなった親にとっては、常に怪我をする恐れがあると言えるのです。

骨がもろくなっていれば、ちょっと転んだだけで骨折をする可能性があります。棚の上に置いた物を取ろうとした際にバランスを崩して倒れてしまえば、腰や大腿骨などの大怪我を負ってしまうことも考えられるでしょう。介護が必要になるかもしれません。

病気

掃除もできずゴミが溢れかえっているゴミ屋敷は、非常に不衛生な環境です。人にも感染する有害なウイルスを持っているゴキブリやネズミも徘徊するため、ウイルス性の胃腸炎などにもかかりやすくなります。

ホコリやダニはアレルギーも発症しやすくなるため、呼吸器系が弱い方にとっては脅威でしかないでしょう。ハエなどの虫が繁殖すれば、熟睡することも難しくなりどんどん体力や抵抗力が衰えていきます。

災害時にスムーズに逃げられない

地震大国である日本。近年では台風やゲリラ豪雨といった水害も深刻化しており、避難指示が出るほど猛威を振るうことも増加傾向にあります。もし大きな地震が来た場合、上に積み上げている物は間違いなく落ちてくるでしょう。寝ている時に頭の上に降ってきたら大変です。

物が溢れかえっているとスムーズな避難経路の確保も難しくなるため、逃げ遅れてしまう可能性があります。特に体が思うように動かない高齢の親なら、尚更早く外に出るために整理された道が必要になります。

水害などで避難する場合は、貴重品や食料などの必要物資を持って行くこともあるでしょう。何かあった時にすぐさま避難できるよう、あらかじめ避難キットを玄関に置いているご家庭も多いかと思います。ゴミ屋敷は物が散乱し何がどこに置いてあるのか全く分からない状態であるため、いざ避難をするとなった際も大変と言えるのです。

親を説得するポイント

実家がゴミ屋敷化してしまった場合、解決するには親の了承が不可欠です。いくら実子と言えど、家主である親の意向を無視して勝手に片付けることはできません。しかしそう簡単に説得ができないケースも多々あります。

では、親を説得する際に抑えるべきポイントとはなんでしょうか?

親を尊重する

高齢になっても、親は親です。プライドもあるため、子どもに馬鹿にされたり思いや考えを無視されたりするのは我慢できません。実家を片付けたい時に説得する際は、必ず親の意志や考えを尊重した上で、意見を言うようにしましょう。

時間がかかるかもしれませんが、ゴミ屋敷を解決するにはこれが一番の近道と言えます。

プライベートスペースに立ち入らない

誰にでもプライベートがあり、家の中にもプライベートスペースがあります。親にとっては寝室や貴重品・特別な思い出がしまってある部屋と言えるでしょう。寝室や貴重品がしまってある場所は、他人に勝手に立ち入って欲しくない場所です。

不用品が溢れかえっていても、親の許可なしでプライベートスペースに立ち入らないようにしましょう。尊重してくれると判断してもらえば、少しずつ片付けを許可してくれるようになるはずです。

きつい言葉はかけない

どんな人間でも、きつい言葉をかけられれば不信感を抱きます。たとえ家族でも、詳しい事情も知らずに大切な物までゴミ扱いにされたら親でも不愉快になるでしょう。

頭ごなしに責め自己中心的な要求を押し付けられれば、心を閉ざしてしまうかもしれません。今まで良好な関係でも一度信頼関係が崩れれば、話しすら聞いてくれなくなる可能性があります。

家族だから何を言っても最終的に許してくれるとは限りません。ゴミ屋敷状態にイライラしたり焦ってしまったりする気持ちもわかりますが、説得の際はきつい言葉をかけないように気を付けましょう。

ゴミ屋敷化が本格化する前に片付けよう

ゴミ屋敷は放置すればするほど、状態が深刻化します。親に悪影響が出るのはもちろん、気軽に帰省できなくなるので疎遠になってしまう可能性も考えられます。

実家にゴミが溜まり始めたら、できるだけ早く解決することが大切です。自力での解決が難しければ、専門業者に相談するとスピーディーに解決してもらうことができますよ。

ゴミ屋敷の片付けはお片付け24時にお任せ!

年と共に親が実家をゴミ屋敷にしてしまうケースは、増加傾向にあります。健康被害や事故を防ぐためにも、こまめに様子を見に行き必要に応じて片付けることが大切です。専門業者も頼ることで、穏やかな老後を過ごしてもらうことにも繋がります。

お片付け24時は、ゴミ屋敷や実家の片付けの経験が豊富です。ご相談・お見積もり作成、キャンセル料は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。支払いが不安という方にもご利用いただけるよう、弊社独自の分割払いや後払いもご利用可能です!

即日対応可能!東京・千葉・神奈川・埼玉エリアでゴミ屋敷にお悩みならお片付け24時
https://okataduke24.com/

ゴミ屋敷片付け 分割払い
不用品回収 東京 即日