お片付け24時片付けコラム

2022.4.10

【要注意】不要となったスプレー缶の処分は要注意!正しいスプレー缶の処分方法

お片付け24時では年間多くの不用品回収、ゴミ屋敷の片付けや汚部屋の清掃などのお部屋の片付けについてのご相談やご依頼を頂戴しております。東京・千葉・神奈川・埼玉周辺地域で活動するお片付け24時では、どんな状態のお部屋の片付けやゴミ屋敷や汚部屋の片付け・清掃、電化製品の処分などのご相談を受け付けております。

スプレー缶の処分は要注意!正しい処分の方法

不用品回収 即日

ヘアスプレーや、制汗スプレーや、殺虫剤。このようなスプレー缶は処分に注意が必要なことをご存知でしょうか。適正に処分しないと火災の元となり危険です。

ここでは、各種スプレー缶の処分方法や注意点について、解説していきます。

スプレー缶の中身を空にしてゴミに出す

不用品回収 即日

スプレー缶は、中身を空の状態にして、ゴミの日に出して処分することが可能です。自治体によって処分区分は異なり、「資源ごみ」「金属ごみ」「不燃ごみ」などさまざまです。

スプレー缶を捨てるときには、中身を全部使い切って空の状態にしましょう。中身に可燃性ガスが含まれているため、火災や爆発の原因となり、危険だからです。

【スプレー缶の基本的な捨て方】

1:スプレー缶の中身が残っていないことを確認する
→スプレー缶を振って感覚や音がしなければ大丈夫です

2:他のゴミとは分けて、透明な袋に入れる
→スプレー缶だけでまとめて透明な袋に入れましょう

3自治体の指定日に捨てる
→その自治体で指定された日・場所に捨てましょう

 

スプレー缶の中身が残っている場合の処分方法は?

不用品回収 即日

中身が残っているスプレー缶を処分するためには、中身のガスを全て抜く必要があります。
中身の抜き方は、主に3つの方法があります。

 

中身を全て空中に放出する

消臭スプレー・ヘアスプレー・デオドラントスプレーなどは、空中にそのまま放出できます。ノズル先端部分を地面に押し付ければ、中身が抜けていきます。全て抜け切ったことを確認してから、ゴミに出しましょう。

なおガスを抜く際には、屋外で、火の気のない場所で行いましょう。

 

缶専用の穴あけ器を使用する

穴を空けて、そこから中身を出す方法もあります。こちらも上記と同様、屋外で火の気のない場所で行います。
なお、キリやドリルなどを使用して無理に穴をあけるのはおすすめしません。怪我をしてしまう恐れがあります。

 

スプレー缶は基本的に、中身を空にしてゴミとして出しましょう。中身が残っている状態は火災や爆発の原因となり、危険です。

もしも中身が残っている場合は、すべて排出させましょう。空中または紙類にガスを放出し、中身を出し切ります。
または、穴を開けて処分することもできます。ただし自治体によっては「穴を開けずにそのまま出す」ことを指導している場合もありますので、よく確認しましょう。

 

中身の入ったスプレー缶による事故

不用品回収 即日

・ガスファンヒーターの温風出口付近にスプレー缶を置いていて爆発

・処分しようとして室内で放出したらガスコンロの火に点火して爆発

・ゴミ収集車の内部でゴミ圧縮時に生じた火花などでスプレー缶に引火し火災が発生

このように、中身の入ったスプレー缶は爆発や火災など命に係わる災害を招く可能性があります。

 

スプレー缶の処分を業者に依頼をするという手も

お片付け24時では、中身の入ったスプレー缶の回収も可能です。ゴミ屋敷や汚部屋に紛れたスプレー缶もゴミと一緒に回収致します。ゴミ屋敷や汚部屋の片付けでお困りの方や片付けられない悩みをお持ちの方はまずは、お片付け24時までお気軽にご相談ください。

不要となった中身の入ったスプレー缶の処分やその他の不用品回収はお片付け24時
https://okataduke24.com/

ゴミ屋敷片付け 分割払い