お片付け24時コラム

2022.12.24

家の片付けを手伝って欲しい!片付け代行の費用と注意点を解説

気がついたら物屋敷になっていた…なんてことはありませんか?こまめにゴミ処理を行なっていても、部屋がスッキリしないことがあります。片付ける時間がとれないまま整理収納ができないと、積み上がる服の山にかさばるショッピング袋。飾ったり使ったりする予定だった、未開封の雑貨が部屋のスペースを埋めてしまいます。そうなると足の踏み場がなく困ってしまいますよね。

自分ではどうしていいかわからない!片付ける時間がとれない!こんなとき、猫の手でも借りたくなるでしょう。そんな方にオススメな片付け代行業者についてご紹介します。

「片付けを手伝ってくれる人がほしい…」それはどんなとき?

新居に引っ越したばかりのときや、小さなお子さんがいて目の前のことに向き合うことに精一杯の方。また、仕事や家事で時間が取れない方、片付け自体に苦手意識がある方など、状況はさまざまです。

このとき共通して言えるのは、以下の3つです。

・時間がない
・気持ちに余裕がない
・どこから手をつけていいかわからない

物が増えてしまい片付かない家を「物屋敷」と表現します。近頃はそのような屋敷も多く見かけるようになりました。部屋の広さ、収納力に対して物の量が明らかに多い場合、人は片付けに対するハードルが高く感じてしまいます。引っ越し後など、段ボールに入っているものを整理収納して片付けていくことが大変に感じるのはそのためです。

まずは可能な範囲で、必要な物とそうでない物を分別すると良いでしょう。45ℓの袋を用意して、必要でない物を入れていく。それだけでも、片付けに対する1歩が踏み出せた成功体験が得られます。

片付け代行の依頼料、予算はどのくらい?

片付けは、自分ひとりでやるには時間と労力がかかります。ですが、片付けのプロが助っ人に来てくれたらどうでしょうか。片付けを手伝ってほしい。または片付けを一緒にやってほしい。そんなときの依頼先は、片付け代行や、家事代行業者になります。

これらの業者は数多くあります。業者によって費用の割り出し方が異なるので、ここでは1例として2つの体制の解説と、依頼時に考慮しておくと良い点を解説します。

①時間制

多くの場合は業者のスタッフを時間で契約することが多いです。片付け・家事代行の場合は時給2000円から6000円が相場になります。これは業者スタッフの個々の能力によって金額にばらつきがあること、業者全体で行う作業範囲によって計算されることがほとんどです。

時間がかかればかかるほど費用は上がります。なので、ある程度自分で事前作業をしておく、手伝ってもらう作業範囲を決めておくなどの対応をするといいでしょう。

②部屋の広さ

作業前、事前に見積を算出する場合に、部屋の広さを考慮する片付け・家事代行業者もいます。この場合、ワンルームで30000円から80000円程度が相場になります。部屋数が増えれば増えるほどその費用は上がる計算です。

物を片付ける作業の中に、断捨離などいる物といらない物の仕分けの作業にスタッフが必要となった場合は、その人数に合わせた人件費が加算されることがあります。また、作業する時間帯を早朝や深夜などに指定したり、不要品の回収を依頼する際にはオプション料金となることも視野に入れておきましょう。

③業者によって初回にトライアル時間を設けている場合も

主に時間制の家事代行業者に多い、このトライアル時間。初回最初の1〜2時間を無料で請け負ってくれるというものです。家事代行業者に依頼する敷居を下げることを目的としたサービスで、よくチェックしてみると実施している家事代行業者が多くあります。気になる業者を探して、こちらを利用してみるのも1つの手です。

④片付け・家事代行業者に依頼するなら住まいの近くで

住まいの近くで依頼先を見つければ、見積の下見や当日の出張費を安くすることができます。片付け・家事代行業者は活動するエリアを決めているので、そのエリア内に住まいがあることを確認して依頼すると良いでしょう。片付け・家事代行業者の活動エリア内なら、出張費を0円で対応してくれる業者がたくさんあります。また、住まいの近くの業者に相談や依頼をする前に、必ず複数件の業者で見積をとり比較することも大切です。

片付け・家事代行業者に依頼する際の注意点

依頼をする際注意する点がいくつかあります。初めて依頼をする方なら、尚更知っておいてほしい点です。以下で説明していきます。

損害賠償補償対応かどうか

優良認定を受けている片付け・家事代行業者であれば損害賠償保険に加入していることがほとんどですが、中には保険に加入しておらずトラブルになることもあります。この点はきちんと見積や相談をする段階で確認をするようにしましょう。ホームページなどのサイトに記載してあることもありますが、口頭でもしっかりと確認しておくことが大切です。

不用品の回収込みでやってくれるのかどうか

多くの片付け・家事代行業者は不用品の回収はオプション料金です。中には請け負ってくれるところもあります。その点を明確にするためにきちんと確認をしましょう。オプション料金となるなら、そのかかる全体の費用の見積を提示してもらうことも必要です。

不用品の回収を行なってくれるのなら産業廃棄物収集運搬許可を得ている業者かどうかの確認もできると理想的です。片付けなどを行う業者の中には、悪徳な業者も多くいます。この場合、廃棄物を取り扱う許可がないために、回収費用を依頼者から取っておきながら、不法投棄するなどのこともあるのです。

家の片付け代行依頼なら、片付けに特化した『お片付け24時』へ

お片付け24時は、関東圏を中心に活動している片付けに特化した業者です。片付けだけではなく、必要があれば清掃や不用品の回収まで対応しています。

【お片付け24時実績】神奈川県川崎市での断捨離と片付けのお手伝い

コロナ禍になりご家族の方が在宅することが多くなった結果、家が片付かなくなった方の事例です。

もともと片付けが苦手な方で、家族が揃う時間が増えたことでなかなか片付けの作業が行える状況ではなかったようでした。そんな依頼者の悩みと、家の状態の経緯をしっかりとヒアリングして、作業を行いました。

事例の詳しい内容はこちら
https://okataduke24.com/post_jisseki/1724

お片付け24時では事前作業の必要はありません!

依頼者の方が事前に作業をする必要はありません。お片付け24時では、不用品の買取業者と提携しています。その買取価格で見積費用を相殺するなど、依頼者の負担費用を下げる工夫を行なっており、多くの利用者の方にその点を喜んで頂けています。

東京・千葉・神奈川・埼玉周辺エリアでの片付け代行のご依頼なら「お片付け24時」
https://okataduke24.com/